人生相談 幸せ

【お悩み】就活で内定が複数でました。どこに行くか悩んでいます

Q.現在、大学4年生です。就活も佳境にさしかかり、いくつか内定をもらいました。第一志望は落ちてしまったのですが、同業種の企業ととりあえず受けた企業から内定をもらっています。希望としては同業種の企業に入りたいのですが、よく調べたらブラック企業だと書いてありました。そろそろ卒論にも取りかからないといけないので就職先を決めたいのですが、他の就職先を探すか否かで迷っています。何を基準に決めればよいでしょうか。

A.まず、就職先は一生を捧げる場所ではないことを認識しましょう。その上で、初めて働く場所を決めればいいと思います。

まず、ネットの噂に左右されないこと。自分で選んでエントリーしたんですから、それなりに良いところを知っているはずです。ブラック企業というのは不正が明らかになったり、福利厚生が悪かったり、残業代が出なかったりする企業を指す言葉です。企業も人間も同じです100%良いところはありません。過去の不正が明らかになった企業は確かに悪い企業かもしれませんが、それをきっかけに良い方向へ転換しているかもしれません。福利厚生が悪くても残業はほとんどないかもしれませんし、残業代が出なくても有給や代休は取りやすいのかもしれない。入ってみないと分からないことだらけです。

やりたいことができる企業に入れれば、それ以上はないでしょう。しかしその企業の知りたくなかった一面に出会ったとしたら、あなたはそれでもその会社に入ってよかったと言えるのでしょうか。

就職先は嫌になったら辞められます。あまり転職が多いと困るかもしれませんが、一度や二度の転職であなたの履歴に傷が付いたりしません。

今手元にある情報の中で何を優先するのか、それが一番大事です。

【教えて】子供の偏食を直したいのですが、良い方法を教えてください

Q.子供の好き嫌いが激しくて困っています。細かく刻んでごまかせる物はそうしているのですが、なかなか治りません。食わず嫌いの食べ物はこの方法で直せると思うのですが、ピーマンなど一度食べて駄目だった食べ物はどうしたら食べてくれるようになりますか。

A.偏食を治すには調理の工夫はもちろんですが、食べるまでの過程の工夫や、食べる環境の工夫も必要です。

いつもはお母さんが作って食卓に並べている料理を、お子さんと一緒に作ってみてはどうでしょうか。どんな食材がどんな風に調理されて、どれ位で食卓に並ぶのか実際にやってみて理解させるのも一つの手だと思います。包丁や火を使うので怪我を心配してしまうかも知れませんが、怪我はよく見てあげれば防止できるはず。やって見せるよりも、実際にやらせた方が「これは自分が作った!」という自信に繋がりますし、嫌いな物も食べてみようと勇気を出すきっかけになると思います。

友達と一緒にごはんを食べるのも言いきっかけになると思います。

出来れば仲がよくて、「負けたくない」子だとよいです。あの子は食べられるのに、自分は食べられないとちょっと自尊心が傷ついて、負けず嫌いを発揮してくれれば食べてもらえるかもしれません。

子供の偏食を治すには様々な方法を試してみる必要があります。これといった方法があるわけでなく、この子には使えたけど、あの子には使えないということもあります。好き嫌いが激しくても、大人になったら偏食がなくなる人もいるので、長い目でのんびり見てあげた方がよいでしょう。好き嫌いをなくすのが目的ではなく、食事を楽しみ、食べられるものを増やすのを目標に頑張りましょう。

【不安】義母と暮らすことになり、上手くやっていけるか不安です

Q.現在、旦那と子供達と暮らしていますが、義母が高齢になり、一人暮らしでは心配なので一緒に暮らすことにしました。しかし義母とは一度も一緒に暮らしたことがなく、少しボケ始まっているので、上手くやっていけるか不安です。うちは共働きなので、義母を迎えるときに私が仕事を辞めることにしたのですが、そうなると収入も減ってしまって生活が苦しくなるような気がして、金銭面でも不安です。

A.一人暮らしは確かに心配ですね。家に迎え入れるのは良い方法だと思います。

共働きだということですが、無理に仕事を辞めなくてもよいのではないかというのが私の意見です。少し家事を手伝ってもらいながら様子を見てはいかがでしょうか。大人が一人増えるわけですから、生活の自由度も上がりますし、お義母さんも一人暮らしの寂しさから解放されてホッとすると思います。頼られると家族の一員として認められたことになるので、元気が出るのではないでしょうか。

お義母さんがいらっしゃることで、あなた自身の負担が軽減されます。たとえば、今まで帰ってから準備していた夕食を代わりに作ってもらったり、お子さんの面倒を見てもらったり(お子さんが小さければですが)、決して悪いことばかりではありません。

一緒に住むと上手くいかないかもしれないと不安に思う気持ちも分かりますが、それはドラマや小説などの悪いイメージだったりしませんか? 予めお義母さんと話し合って、一緒に暮らしたら何を誰が担当するか決めるとよいかも知れません。

【ご質問】どうやってストレス解消していますか

Q.仕事でストレスが溜まってなかなか解消できません。これといった趣味もなく、休日もぼーっとして過ごすことが多いので、リフレッシュできないまま、また一週間が始まってしまいます。何かよいストレス解消法はありませんか。

A.ストレスは人によって感じ方が違い、解消方法も様々です。

頭痛や腹痛などの痛みがあるストレスの場合、手や足を温めて血行をよくすると心が落ち着いてリラックスできます。ストレス性の症状は病院に行っても原因が分からないことが多く、それで余計ストレスが溜まってしまいがちです。まずは家出できる改善法を試してみて、駄目だったらお医者さんに行きましょう。お医者さんにストレスのことを伝えると、診断も変わるかもしれません。

なんとなく不調になってしまうストレスの場合はとにかくのんびり体を休めること。自律神経のリズムが悪くなっているので、のんびり旅行に行ったり(過密スケジュールは禁物!)、家でゴロゴロしたりして体を元の状態に戻してあげましょう。

落ち込んでしまう場合は、自分のペースで生活する時間を取ってあげるとよいストレス解消になります。憂鬱だと出かける気も起きないかもしれませんが、好きな映画を借りてきて見たり、欲しかったものを買ったりして、「自分のため」にお金を使うのもよいと思います。

苛々してしまうときは、体を動かしたり、大きな声を出したりして発散するのがよいようです。押さえ込むより出してしまった方がすっきりしますよ。

ちなみに私は激しく落ち込んでしまうので、映画を見に行ったり博物館に行ったりして、自分が好きなことに時間を使うようにしています。

【教えて】日本人に生まれてよかったと思う瞬間を教えてください

Q.イギリス人の友人がいます。先日、母国について話す機会があり、彼はイギリス人に生まれてきてよかった、母国を誇りに思っていると話していました。私は日本人ですが、あまり日本人に生まれてよかったと思ったことはありません。彼はとても不思議だと首を捻っていたのですが、日本人に生まれてよかったと思うことはありますか。どういうときにそう思うかも教えてください。

A.日本人はあまり日本人でよかったと感じることはないのかも知れませんね。

今でこそ海外移住する日本人や、日本で生活する外国人が増えましたが、百年ほど前までは国内には日本人だけしかいませんでした。だから比較する物がなく、結果的に自国愛が低いのかも知れません。

私も大学で外国人の先生と知り合うまでは、日本人でよかったとか、日本が好きだとは考えませんでした。しかし、彼らと付き合っていくと、それまで気づけなかった日本の良さに気づきました。

たとえば四季があるところ。温帯性気候の国や地域はたくさんありますが、日本は四季の移り変わりを様々な方法で楽しみます。お花見やお月見を楽しんだり、蝉の鳴き声に夏の到来を感じたり、海外にはない風情を楽しむ心を持っているのは日本人だけのようです。そんな情緒豊かな国民性に気づいたとき、私は日本人でよかったと心から思いました。

少し話は変わりますが、最近知られるようになったことにこんなことがあります。

日本は今、世界で最も長く続く王朝なのです。世界中で覇権争いがあり、国王の血筋が変わっていく中、日本の国王はずっと天皇でした。今も象徴という立場になりましたが、皇統は守られています。この事実を知って、ますます日本を誇りに思うようになりました。

日本人は日本という狭い世界に住んでいるだけに、なかなか自国の良さに気づけないところがあります。折角、外国のご友人がいらっしゃるのですから、日本のどんなところが好きなのか聞いてみてはいかがでしょう。そこからなにか発見があるかも知れません。

【お悩み】やりたいことがわかりません。どうすればみつかりますか

Q.もうすぐ就活が始まるのですが、自分のやりたいことが分かりません。大学の就活サポートで、エントリーシートに頑張ったことあ志望動機を書かなければならないのですが、やりたいことが分からないのに書くことも出来ず困っています。どうすればやりたいことがみつかるのでしょうか。今からでも就活に間に合うのでしょうか。

A.やりたいことというととてもぼんやりしていて、どうしていいのか分からなくなってしまいますよね。

就活の準備に追われ、周りがどんどん前へ進んでいく様子に気を取られていませんか。やりたいことを見つけるためには、落ち着いて考える時間が必要です。

突き詰めて考える必要はありませんが、やっていて楽しいと思えることや、どれだけ続けても飽きないこと、日々の生活で何気なくしていることが「やりたいこと」に繋がる可能性を秘めています。

例えば、あなたがレストランで接客のアルバイトをしているとしましょう。お客さんが来て、注文をして料理を出し、支払いを済ませて見送るまでが仕事です。その中で「ありがとう」と言われたり「いつも元気だね」と言われたりすると嬉しいですよね。たまにクレームが来て怒られる日もあるかもしれません。それでもお客さんからの「ありがとう」のために頑張ろうと思えたら、それは「やりたいこと」になるのではないでしょうか。

アルバイトではなくても、本が好きなら本を編集する仕事や売る仕事、課す仕事もあります。

少し時間を取って、落ち着いて周りを見てみてください。

【不安】留学を考えています。オーストラリアは安全でしょうか

Q.来年、英語圏への語学留学を考えています。英語を使う国はたくさんありますが、治安がよくてあまり時差がないオーストラリアに行こうと思っているのですが、本当に安全でしょうか。街によって治安が違うと聞いたことがあるので心配です。留学に向いている街を教えてください。

A.どの街も日本に比べて治安はよくありませんが、留学生が多く、受け入れ体制が整っているので、留学には向いています。夜はなるべく出歩かないようにすれば、それほど危険ではありません。

なお、オーストラリアには日本とは違うルールがありますので、ホストファミリーのアドバイスにしたがってください。

オーストラリアは赤道に近い北側と、難局に近い南側ではかなり生活環境が異なります。

一番治安がよいのは南回帰線が通る街、ブリスベンです。一年中温暖で気候が安定していて物価も安く、留学生を受け入れている学校がたくさんあります。

日本に近い暮らしをしたいなら南側の街を選んだ方がよいでしょう。特にメルボルンは日本のように四季があり、交通網も発達していて便利です。教育にも力を入れていて、留学生を受け入れている大学も多くあります。物価も大都市にしては安く、暮らしやすいでしょう。

アデレードは語学学校こそ少ない街ですが、高い語学力を身につけられる学校があります。語学留学にどれ位のレベルを望むのか分かりませんが、より高いレベルを望むのであればアデレードに行ってみる価値はあるかも知れません。

【教えて】空港で働きたいのですが、どんな仕事があるのでしょうか

Q.飛行機が好きで、飛行機と関わる仕事がしたいと思っています。パイロットやスチュワーデスのような、実際に飛行機に乗る仕事ではなく、空港の中で働きたいのですが、どんな仕事があるのかよく知りません。仕事の内容と、できればその仕事に就く方法を教えてください。

A.お答えします。

空港で働くスタッフは、グランドスタッフとグランドハンドリングスタッフに分けられます。

グランドスタッフは、空港内でお客さんと実際にふれあう仕事です。各航空会社のカウンターにいるカウンタースタッフや、搭乗ゲートでチェックインをサポートするスタッフ、体の不自由な方の空港内の移動をサポートするスタッフなど様々あります。

グランドハンドリングスタッフは、飛行機の発着をサポートするスタッフのことです。飛行機を誘導して駐機スペースに導くスタッフ(マーシャラー)や、飛行機から荷物を積み下ろすスタッフ(ハンドリングスタッフ)、給油をするスタッフなど、外で働く仕事もたくさんあります。

どれも航空専門学校に行けば必要な技術や資格を取得することが出来ます。そのあとは航空会社や関連企業へ就職することになります。長くグランドスタッフを続けると、滑走路を来るまで巡回して遺物が落ちていないかチェックする仕事や、空港内に鳥が入り込まないように定期的に鳥を追い払う仕事もあります。

飛行機を飛ばす仕事として、航空整備士も挙げられます。整備士も航空専門学校に行けば必要な技術を取得できます。

【ご質問】子供が生まれます。名前はどうやって付けましたか

Q.この春、子供が生まれます。初めての子供で私も妻も浮き足立っています。子供が生まれたら七五三の写真館探しをしようとも考えていますし、それ以上にどんな名前を付けるかで悩んでいます。最近ではアニメや漫画の登場人物のような名前の子も多いと聞きますが、将来的に考えると、そのような安易な名前は付けたくありません。本を買って読んでみたりもしたのですが、決めかねています。折角なのでお子さんがいらっしゃる方に経験談を参考したいと思い、質問させて頂きました。子供の名前を付けるときに参考にしたものや、方針があればお聞かせください。

A.私は旦那と神社に行き、名前を頂きました。

名前の付け方には様々ありますが、名付け本を購入して自分で付けるのと、神社やご両親からいただくの2通りが一般的だと思います。

姓名診断という占いがあるくらいですから、名前は人生を左右するほど重要です。名付け本を買って自分で付けるのなら、漢字の意味や組み合わせも考えて付けてあげた方がよいと思います。たとえば「ゆう」という名前でも「ゆう」と読む感じはたくさんあり、それぞれ意味が違います。「優」なら「優しい」や「優れた」という意味があり、「勇」なら「勇ましい」「元気がある」という意味があります。また、漢字の名前にするかひらがな、カタカナの名前にするかで意味も違ってきます。

神社で名前を頂く場合はお金がかかりますが、よい名前を頂けると思います。神社によって流派がありますが、近くにある産土の神様を祀っている神社に行くとよいのではないでしょうか。産土の神様はその土地の神様で、子孫繁栄や無病息災などの御神徳があります。候補を持って行くと画数を占ってくださるところもあるので、一度相談してみるとよいでしょう。

ご指摘の通り、アニメや漫画のような名前はいただけませんが、ご両親が一生懸命考えて付けた名前が一番よいと思いますよ。

【教えて】専門学校より大学と言われるのはなぜですか?

Q.今年、高校3年生になりました。進級前の進路相談で専門学校に行きたいと話したのですが、親にも先生にも大学に行った方がいいと言われてしまいました。自分なりに行きたい学校を探していて、頑張りたいことがあるのに、なぜ大学に行かなければならないのでしょうか。専門学校より大学の方が学歴がよくなることは知っています。でも、専門学校に行けば専門的な知識を身につけることができ、就職にも有利だと思うのですが、私の認識は間違っているのでしょうか。

A.結論から言うと、あなたの認識は間違っています。

ご両親や先生が大学に行った方がよいと主張する理由は、やはり就職率です。

確かに専門学校に行けば即戦力になる知識や技術を身につけることが出来るでしょう。しかし世間はまだまだ学歴社会です。実際に就職活動をすると分かりますが、採用条件に「大学卒業見込み」と書いてあることが多いのです。専門学校に入るなら、企業と提携していて卒業後、その企業へ就職できる、関連企業に就職を斡旋してくれるなど、就職サポートを行っている学校を選ばなければいけません。

一方、大学に入れば就職するのも進学するのも自由です。大学に進めば必ず就職できるというわけではありませんが、とりあえず採用条件は満たすことが出来ます。勉強が足りないと思えば大学院へ進み、技術力がほしいと思えば専門学校へ入る道もあります。選択の幅が広がるといっても過言ではありません。

大卒でも就職が難しい昨今です。大学でベースとなる知識や技術を身につけてから専門学校に入っても遅くはありませんし、就職率も上がります。昔は高卒でも専門卒でも採ってもらえましたが、今は違うということを念頭に置いて進学先を決めた方がよいでしょう。

サイトマップ